旅・グルメ・観光の思い出

公開: 更新:

JR米子駅 0番線 妖怪列車に乗って水木しげる出身地 境港へ

米子⇔境港 妖怪電車画像
2014年正月に京都からはるばる18きっぷで鳥取へ!鳥取の目的は水木しげる氏の出身地である境港。米子駅から妖怪列車に乗って境港へ行ってきました。

米子駅0番ホーム

yonago_station_01

鳥取県米子市にある駅。ここの0番ホームから妖怪列車が出発します。0番ホームは改札口から左側に進んだところ。改札口を入って左側を向くとネズミ男の描かれた階段がみえます。

米子0番フォーム

0番フォームは階段を上らないで左側をそのまま直進!目玉のおやじが看板で「0番ホームはこの先」と案内してます。

yonago_0platform_02

0番ホームへ到着!

米子駅の妖怪オブジェ

yonago_0platform_03

0番ホームには妖怪オブジェが多くあります。電車待ちでも十分に楽しんで時間潰せました。

yonago_0platform_04

妖怪列車

yonago_0platform_05

いよいよ妖怪列車!全部で「鬼太郎」「ねずみ男」「ねこ娘」「目玉おやじ」「鬼太郎ファミリー列車(2種類)」の6種類あるようですが、今回は「鬼太郎」と「ねこ娘」だけみれました。
境港市観光ガイド > 妖怪列車 時刻表

yonago_0platform_06

座席も天井も妖怪だらけ(^○^)

JR境線妖怪ワールド

sakai_youkai_world

境線は各駅に妖怪の名前がついています。各駅の妖怪駅名の看板みるのも楽しめます。

sakai_youkai_world_02

ちなみに米子駅は「ねずみ男駅」でした。

境港駅到着!

sakaiminato_station

45分ほどで境港駅へ無事到着!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。

内容をご確認いたしましてから公開させていただきます。

関連記事